トレードはだらだら勉強していては時間の無駄です。そもそも、ブレイクスルーとは何か?     それは、「ひらめき」とか「ピンときた!」、「腑に落ちた」など、いままで一生懸命やっていたのになかなか結果が出なかった、理解できなかったものが一気に180度転換し、「結果」が出るようになる「脳の状態」のことです。ですから、どんな学びにおいても「ブレイクスルー」を早く起こすことが最短の道だということです。

人生のブレイクスルーが起きる2つの条件とは?    

人がブレイクスルーを体験する方法として自然的偶発的ブレイクスルーと人工的ブレイクスルーが存在します。 言わば偶然的・必然的に起きるというわけです。 つまりブレイクスルーは操作できます。    

ブレイクスルーの2つの条件

    ブレイクスルーが起きる、または起こすための2つの条件とは死に直結する体験をするか、完全にいっちゃってる人と会うことです。 まずは前者からお話しします。   死に直結する体験とは?   この死に直結する体験とは『人生もう終わった』と感じた時です。 それは命の危険、借金、リストラ、倒産など人生が終わったと思える時はいくつも存在します。 このような体験を持っている人はブレイクスルーしやすいです。   現に僕のビジネス仲間の多くもこのようなハンディとも言える人生体験を持っています。   なぜこのような体験をしてるとブレイクスルーしやすいか?  

①時間の大切さに気付く

時間=無限ではありません、時間=有限であり、時間=寿命です。 1秒の時間を何かに費やすことが1秒分の寿命を費やしたと同じ事です。 最も人生に置いて壮絶な体験をしたことがある方は時間の大切さを痛いくらい分かっています。 1秒1秒を大切に生き、目の前のことに全力でぶつかっていきます。 結果、気付いたらブレイクスルーしていたということです。  

②火事場のクソ力

火事場のクソ力は論理的に証明することができます。 人間というものはイヤなものから逃げたくなる心理があるので、イヤな感情が強ければ強い程、それが行動の強さに比例します。 例えば、転職をしすぎて、リーチがかかっていて次辞めたら一家離散という状況の方は死に物狂いで働くでしょう。 自分でもびっくりするくらいに頭がさせて周りが驚くアイデアもバンバン出していくはずです。   借金を背負っている方で、この仕事しか残されていない場合はどうでしょう? 『やるしかない』ですよね。 つまり、周りが仕事をする熱意の何倍もの熱意で仕事をするのです。   こんな人がブレイクスルーしない理由はないんです。   この死に直結する体験は自然と人の潜在的な能力を爆発させる、言わば起爆剤のようなものです。 ですが僕はこのやり方をおすすめしません。 なぜならリスクが大きすぎるからです、   ブレイクスルーするためにわざわざ借金を背負う方はいるでしょうか? もしいたとすればそれは素晴らしいマインドですし、自ずと成功するでしょう。   ですがほとんどの方はそんな危ない道は通りたくありません。 ならどうするか?   人口的にブレイクスルーを起すしかありません。   人工的にブレイクスルーを起す手っ取り早い方法は『いっちゃってる人に会うこと』です。 言い換えるならば、リミットが外れている人、マインドがぶっ壊れている人、自分が目指す道で結果を出している人です。   こういう方々と会うとどうなるか? 結果、こういう人になります。   類は友を呼ぶというのは事実です。 稼いでいる人は稼いでいる人同士でコミュニティを作ります。 つまり、ブレイクスルーを起した人の周りにはブレイクスルーを起した、起す人しか集まらないということです。   ブレイクスルーした人と会えば、思考、行動、すべて頭からつま先まで学び、感じることができます。 極端な話、その人に成り切ることができます。   不思議な話ですが、脳というものは単純で、思考を真似ただけでその人に近づいてしまうものなのです。 なので手っ取り早くブレイクスルーを起したかったら、結果が出ている人、明らかにぶっ飛んでいる人に会って、学び、真似ることです。 これが人工的にブレイクスルーを起す方法です。   というかこれしかありません。   人生のブレイクスルーはどんな人であれ存在します。 ただあるにも関わらず、起こす気がない人には一生起きません。 潜在として眠ったままでしょう。   眠れる獅子を呼び起こすのはあなた自身です。 変わりたいと思ったその瞬間からブレイクスルーは起り始めます。    他には、   EQを鍛える、マインドフルネス、瞑想を勉強するなど、 要するに自分を見つめる時間を持つことも   、時間はかかりますが、ブレイクスルーを意図的に起こす『きっかけ』となります。              

まとめ

今回は人生のブレイクスルーが起きる2つの条件についてお話ししてきましたがいかがだったでしょうか?後半少しスピリチュアルな話になりましたが(笑)何度も言うように誰にでも平等にブレイクスルーは与えられています。凡人だろうが天才だろうが、『人生のブレイクスルー』は人間に平等に与えれた特権とも言うべき秘密兵器です。 それを一生使わずに終わるか、自ら望み起すかそれはその人の次第です。覚えておいて頂きたいのがブレイクスルーを起すのはとても簡単だということです。