トレーダーは、より確率の高いトレードを選択するべきであって、100発100中を狙ってはいけないのですが、大抵のトレーダーは、仕掛けたら当たるものだと期待してしまいます。

“良いトレードとは自分のアイデアを追い続けていく新年と、間違いを認める柔軟性の間の微妙なバランスで成り立っている.”マイケル・スタインハルト

Groups of African People Celebrating

Groups of Afoolish trade People 

年末ジャンボ宝くじを買って、100%当たるはず!などと思って会社を辞める人はいないでしょう。「そんな人いないでしょw」と思うかもしれませんが、みなさんも、

トレードにおいて「同じように振る舞っている」のです。

ポーカーの選手権のチャンピオンも、全勝して勝ったのではありません。手札が悪いときは、負けを最小限にとどめて、ゲームから降りる。行けそうなときに、 一気に仕掛ける。その繰り返しです。トレードでも同じ。勝った負けたと、一喜一憂してはいけません。というと、「ああ、そうだよね、、、」と理解はするのですが、大抵の人は、負けたら声を荒げて大騒ぎし、勝ったら大はしゃぎするのです。

————今日のこころがけ(職場の教養風に)——————-

感情を表に出すプレーヤーはギャンブルで勝てない

—————————————————————————-